青汁の選び方に気をつけて

青汁の選び方

現在、いろんな種類の青汁がありますが、
正しい青汁選び方を知っていますでしょうか?

 

 

ほとんど方は、価格や原材料の多さ、
認知度の高いものを選んでいると思います。

 

 

青汁の選び方で重要なポイントは、青汁の「製法」と「安全性」です。

 

 

◆青汁の製法

 

まずは「製法」についてですが、青汁には大きく分けて2つの製法があります。

 

それは、非加熱の活性保存製法と加熱している粉砕末製法です。

 

特に、野菜替わりに青汁を摂取する場合は、非加熱の活性保存製法の青汁を選びましょう。

 

加熱している粉砕末製法の青汁は、食物繊維は豊富に摂取できるのですが、
加熱により、酵素やビタミンが失われています。

 

非加熱の活性保存製法の青汁は、
生の状態のままの栄養素が豊富に含まれており、
酵素やビタミンも失われず摂取できます。

 

酵素が活性化されている場合、青汁を作ったあと、表面には泡が出ています。

 

この「泡」が重要なのです。

 

酵素が入っているという青汁でも、表面に「泡」が出ていない青汁がほとんどです。

 

加熱している粉砕末製法の青汁は表面に一切泡ができず、サラっとしています。

 

酵素活性の証拠である「泡」ができている青汁を選びましょう。

 

ちなみに、食物繊維の摂取が目的であるならば、
加熱している粉砕末製法の青汁を選ぶと良いでしょう。

 

 

◆青汁の安全性

 

安全な青汁の選び方はポイントは以下のとおりです。

 

・原材料が無農薬で有機JAS認定を受けていること
・原材料の産地表示が明確であること
・着色料が使用されているかどうか

 

 

◆メインの原材料

 

青汁で重要なのが、メインの原材料が一番多く使われているかどうかです。

 

大麦若葉やケール、明日葉や桑の葉、熊笹など、メインの原材料は様々あります。

 

基本的に健康食品の原材料の表示において、
一番最初に表記される成分が、一番多く含まれている成分なのです。

 

しかし、粗悪な青汁の場合、
味付けに使用する麦芽糖などの糖分がメインの成分よりも多く含まれているため、
最初に表記されている成分が「麦芽糖」という製品もあります。

 

これでは、青汁なのかどうかわかりません。

 

また、メインの原材料以外に
様々な原材料をたくさん使っている青汁もあります。

 

これは、コストカットや栄養不足の材料を使っているため
原材料の数でごまかしているケースがあります。

 

メインの原材料で栄養が十分に摂取できるのであれば、
余計な材料を使用する必要はありません。

 

メインの原材料がきちんと使われている青汁を選びましょう。

 

 

以上の3つの条件が満たされていれば、
どんな原材料を使っていてもいいと思います。

 

 

逆に、良質の材料を使っていても、上記の条件を満たしていなければ、
本当の安全で良質な青汁とはいえません。

 

 

本当の青汁の選び方を知り、安いだけの青汁に騙されないようにしましょう。