青汁はコレステロール改善に効果的

青汁とコレステロール改善

青汁コレステロールの改善に
効果が期待が期待できます。

 

 

コレステロールは、細胞膜を構成する重要な脂質の一種で、
食事からの摂取や体内の合成によりバランスを保っています。

 

 

食事からのコレステロールの摂取は、
通常の食事で約20%程度で、残りの大半は体内で合成されています。

 

 

ちなみに食事から多く摂った時には
体内の合成量が少なくなるように調節されています。

 

 

コレステロールは細胞膜、ホルモン、胆汁酸、ビタミンDの材料になります。

 

 

全ての細胞の細胞膜を構成しているため、
コレステロールが不足すると細胞の健康を維持できなくなります。

 

 

ビタミンDは皮膚に存在するコレステロールから作られますし、
コレステロールからつくられる胆汁酸はビタミンAやビタミンEなどの
脂溶性ビタミンの吸収に深く関わっています。

 

 

また、コレステロールはホルモンの材料にもなります。

 

 

コレステロールは体に良くないというイメージがありますが、
生きていく上で、なくてはならない成分なのです。

 

 

コレステロールには、善玉コレステロール(HDL)と
悪玉コレステロール(LDL)があります。

 

 

悪玉コレステロールは全身に回り、
善玉コレステロールは全身に回った悪玉コレステロールを回収します。

 

 

コレステロールは善玉、悪玉の
どちらかが多すぎたり、少なすぎたりしてもダメです。

 

 

特に悪玉コレステロールが多いと、
血管を急激に老化させ、動脈硬化や
脳卒中、心筋梗塞、高血圧の原因となります。

 

 

そのため、悪玉コレステロールと
善玉コレステロールはバランスが大事なのです。

 

 

青汁を摂取するとSOD(抗酸化酵素)の働きにより、
腸内の活性酸素を除去してくれる為、腸内環境が改善されます。

 

 

腸内環境が改善されると、
血液成分が良くなり、血流も良くなります。

 

 

そして、栄養が豊富な血液が肝臓に巡ると
弱りきった肝臓が改善、修復されるため、肝機能が正常に回復します。

 

 

そうすると、自然と善玉コレステロールや
悪玉コレステロールのバランスが改善されます。

 

 

コレステロールのバランスが整うと、
中性脂肪の数値や肝臓の数値も調整されます。

 

 

ただし、どの青汁でもいいというわけでなく、
非加熱の活性保存製法の青汁を選びましょう。