青汁の摂取方法は様々

青汁の摂取方法

青汁摂取方法は、どのような青汁の効果を目的とするかで
いくつかの摂取方法があります。

 

 

◆野菜不足の青汁の摂取方法

 

基本的には毎日、生野菜や果物を
欠かさず摂取するの健康に良いとされています。

 

しかし、野菜や果物の価格の高騰や
野菜や果物自体の栄養価の低下や安全性が問題になり、
思ったより栄養が摂れていません。

 

そこで、手軽に野菜の栄養素を補給できるのが青汁です。

 

特に、野菜替わりに青汁を摂取する場合は、
非加熱の活性保存製法の青汁を選びましょう。

 

加熱している粉砕末製法の青汁は、
食物繊維は豊富に摂取できるのですが、
加熱により、酵素やビタミンが失われています。

 

非加熱の活性保存製法の青汁は、
生の状態のままの栄養素が豊富に含まれており、
酵素やビタミンも失われず摂取できます。

 

 

◆栄養補給が目的の場合

 

栄養補給が目的の場合は朝起きてすぐがオススメです。

 

睡眠中は栄養摂取ができないため、
起床直後は体の栄養が枯渇状態なのです。

 

体が枯渇状態の時に
コルチゾールというホルモンが分泌されます。

 

このコルチゾールは、脂肪を燃焼してくれますが、
分泌量が多いと、筋肉まで減少させてしまいます。

 

そのため、起床直後の栄養摂取する必要があるのです。

 

このタイミングに青汁を飲むと体内に栄養素が行き渡りやすく、
コルチゾールの分泌を抑えることができるのです。

 

 

◆ダイエットの青汁の摂取方法

 

青汁を摂取することで、
炭水化物、脂質、タンパク質の代謝が良くなり、
摂取したエネルギーを効率的に消費できるようになります。

 

そうすることで、余った栄養素が体に溜まることなくなり、
常に消費しやすい体質になります。

 

 

◆便秘改善の青汁の摂取方法

 

青汁には酵素が摂取できる青汁や
食物繊維が摂取できる青汁があります。

 

どちらも、腸内環境を整え、便通を改善してくれます。

 

食物繊維の摂取や運動、水分摂取をしても
便秘が改善されない場合は酵素が不足しているを思われます。

 

その場合は、酵素入りの青汁、
つまり、非加熱の活性保存製法の青汁を選びましょう。