青汁のアンチエイジング効果で若々しく

青汁とアンチエイジング

青汁アンチエイジング効果が期待できます。

 

 

アンチエイジングとは、「加齢(老化)に対抗・抵抗する」といった意味で、
加齢による身体の衰えや老化の進行をできる限り遅くすることです。

 

 

特に身体の衰えや老化の進行がすると
認知症、骨粗鬆症、更年期障害、サルコペニア(筋萎縮)、
老眼、難聴などの病のリスクが高まります。

 

 

特に、皆さんが気になるのが
シミ、シワ、たるみなどの見た目の老化だと思います。

 

 

肌の老化にもいろいろなものがあり、
肌の乾燥による場合は、小ジワや、ホウレイ線ができたりします。

 

 

アンチエイジングで一番重要なのが「活性酸素」の除去です

 

 

活性酸素とは、酸素が活性化したもので、
体内に侵入した細菌やウイルスを除去してくれます。

 

 

しかし、不規則な生活やストレスなどで
過剰に体内に発生した場合、活性酸素は悪さをしてしまいます。

 

 

過剰な活性酸素の悪さとは、
体の酸化(老化)早めたり、細胞を傷つけたり、
ガンの原因になったり、シミやシワが増えたりします。

 

 

そのため、アンチエイジングには活性酸素を除去することが重要なのです。

 

 

青汁の中には、SOD(抗酸化酵素)といわれる
強力な抗酸化物質が含まれています。

 

 

SOD(抗酸化酵素)とは、体内に過剰に発生した
「活性酸素」を除去してくれる抗酸化物質のことなのです。

 

このSOD(抗酸化酵素)が
過剰に増えすぎた活性酸素を除去してくれるのです。

 

 

また、青汁に含まれている
各種ビタミンも抗酸化作用を持つことから、さらにアンチエイジングに働きかけます。

 

 

ちなみに、年齢より若く見える人は、体内酵素が多いといわれています。

 

 

また、体内酵素が多いと、細胞自体が老化しにくく、
長持ちする様になるため長生きしやすい体質にもなります。

 

 

このことから青汁は、アンチエイジング食品といってもいいでしょう。

 

 

しかし、どの青汁でもいいというわけではなく、
非加熱の活性保存製法の青汁でなくてはいけません。

 

 

なぜなら、非加熱の活性保存製法の青汁のみ
豊富な酵素やビタミンなどが含まれているからなのです。

 

 

アンチエイジングが目的ならば
非加熱の活性保存製法の青汁を選びましょう。