青汁の副作用と効果・効能

青汁の副作用と効果・効能

青汁の副作用と効果・効能

 

青汁とは

 

青汁には、様々な商品がありますが、青汁というのは本来どういったものなのでしょうか?

 

 

青汁の定義とは、一般的に「緑黄野菜をすりつぶした絞り汁」とされ、
野菜に含まれるビタミン、ミネラルなどの栄養素を手軽に補給するための食品です。

 

 

最近の青汁は、「緑黄野菜をすりつぶした絞り汁」ではなく
大麦若葉やケール、明日葉や桑の葉、熊笹などを原材料とされています。

 

 

本物の青汁には様々な栄養素が含まれており、ビタミン類、ベータカロチン、
葉緑素、クロロフィル、カルシウム、食物繊維、抗酸化酵素(SOD)などが豊富です。

 

 

ひとくちに青汁といっても作り方や製法が様々です。

 

 

そのため、どの青汁でも良いというわけにはいきません。

 

 

青汁を選ぶ際には、重要なポイントがあります。

 

詳しくは、「青汁とは」へ

 

 

青汁の副作用

青汁副作用はあるのでしょうか?

 

 

基本的には、青汁は薬品とは違うので副作用はありません。

 

 

ただし、過剰に摂取した場合や、体質的に体に合わないという方はいます。

 

 

そういう意味で、副作用といわれている症状はあります。

 

 

@食物繊維の過剰摂取の副作用
Aビタミンの過剰摂取の副作用
Bアレルギー症状の副作用
Cワーファリン服用者の副作用
D農薬による副作用
E腎臓病、人工透析の方の副作用

 

詳しくは、「青汁の副作用」へ

 

 

青汁の効果・効能

 

手軽に野菜の栄養を摂取できる青汁ですが、
どのような効果効能が期待できるのでしょうか?

 

 

青汁の効果・効能のまとめは以下のとおりです。
・抗酸化作用
・発ガン物質無毒作用
・抗潰瘍作用
・脂肪蓄積抑制作用
・血糖降下作用
・コレステロール低下作用
・血圧降下作用
・コラーゲン産生促進
・動脈硬化抑制作用
・抗血栓作用
・血管保護作用
・DNA修復促進作用
・抗ウイルス作用
・スタミナ増強作用
・デトックス作用

・免疫機能向上
・服交感神経の亢進作用
・アレルギー・花粉症の改善

 

 

また、原材料によっても、青汁の効果・効能が様々です。

 

詳しくは、「青汁の効果・効能」へ